フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

インフレのフィリピン、デフレの日本

SEANです。

 

日本ではデフレ脱却を掲げてはいるものの、物価上昇目標の達成には全く見通しが立たずの状況。もう、20年も”真っ当な?”インフレが無い社会ということになります。

牛丼が20円とか30円程度値上げする位で大騒ぎになります。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産  

一方のフィリピンの2018年のインフレ率は5.2%でした。

判りやすくするために大雑把な計算にしますが、5%のインフレが20年続けば2倍の物価になる、という事です。

 

インフレを忘れてしまった(これは、別に上から目線で言っているのではなく、もし私も日本に住んでいたら忘れていたと思います。インフレというのは経済学というよりも心理学みたいなものだと感じています)、というか、インフレを感じないとどうなるか?

 

フィリピンと比べて実感するのは、

 

”今、買っておいた方が安くて得だから、買っておこう!”

 

というマインドにはならず、全く逆で買い控えになってしまうことです。

 

年末、フィリピンにいても大騒ぎが聞こえてきたPAYPAY祭り。

あの時は、なんだか、多くの人が、

 

”今、買わなきゃ、損ソン!”

 

というモードになっていましたが、あっという間にキャンペーンが終了したらすっかり静かになってしまいました。

 

これがフィリピンですと、賃貸住宅だと毎年家賃を値上げされるから、何とか持ち家を買おう、という話を聞きますし、ある社員と給与交渉の時に、インフレが厳しいから給料を上げてください、と言われたりもしました。一般庶民の身近にあるのがインフレです。

あとは、付き合いのある銀行の営業担当者の人から、”インフレに負けない投資商品を始めましょう”というセールストークを聞きましたが、これは日本ではありえないですね。

 

日本では、デフレ=不景気、みたいに報道される事がありますが、これは間違いですが、買い控えが得だ(明日以降、値段が下がるかもしれない)と思われると、その結果、モノが売れなくなり、結果として不景気になる。

 

今年、予定通り消費税率がアップした後は一体どうなるのだろう?と、居住者ではないものの、結構恐ろしい状況になるような気もしています。

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。