フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン5年目で4回のセットアップ!!

フィリピンは東南アジアの中でも1,2を争う好きな国の1つですが、なにせ治安が。。。

あと食事が。。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産   

大統領が変わってから劇的に治安は良くなりましたが、それでもマニラ市やセブ市は犯罪の温床になっていますね。

かれこれもう3年前、PNB銀行にお金を預けようとして銀行に入ったのですが、PNB銀行によくあるシステムダウン。3回か4回に1回はシステムダウンで入金できないという事態が発生しています。

これは今もそうなのですが、その当時は街の角には麻薬か覚せい剤を売っている人がらりっているのが普通に見られた時。

その時200万ペソ位の入金だったのですが、できずに銀行から出てしばらく歩いたところでセットアップ。

ナイフを持った2人組に脇腹と首にナイフあてられ動きが取れない状態。

ナイフはお金持っていない強盗だから一番まずいのは聞いていました。

まあ、拳銃でも2回セットアップにあいましたがその時は難を逃れましたが。

で、3年経過した今でもそのナイフで切られた傷は残ったまま。

一番怖いのは感染症なので、すぐにセブンイレブンの水を買って流し、アルコールかけて止血は後。自分で止血は技術あるのでできるのでまずは感染症に気を付けて。

で、そのあと止血、縫合キットが無かったので止血しながらテープで止めて残ったのがこの傷。

フィリピンの丁度今くらいの季節だったなあと。

これがその時の右腕の傷。肘の位置からして10センチ以上切られたのが分かるかと思います。

本当にベストシーズンに突入なんですけどね。。

フィリピン,セブ

フィリピン

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。