フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンならではの空室リスクとは?

SEANです。

世界中の不動産投資に熟知している訳ではないですが(今まで保有した事がある不動産は、日本、タイ、フィリピン、マカオ、マレーシア、カンボジアでアジアだけですから)、多分、日本の不動産投資家さんはすごく緻密に管理運営されていると、いつも感じています。

 

日本の不動産投資の広告などで見かけるのが、

 

空室リスク

 

という言葉です。

 

空室になったら、その期間は家賃収入がなくなる、という意味合いで捉える方が多いでしょう。

 

私自身、日本でアパートを持っていた時には、満室の月と空室の月のレントロールを見ては、喜んだりがっかりしたり、したものです。

 

こちら、フィリピンではどうか?

 

もちろん、空室になったら、収入はゼロ。一方で、管理費、固定資産税の支払いとローンを組んでいたら返済がありますから、日本と同じで収支的に厳しくなる。

 

これはもちろん、なのですが、私自身、フィリピンのコンドミニアムに住んでいたり、今の仕事をさせていただいて感じているのは、

 

空室状態を続けると、ユニットの痛みが加速する。

 

特にコンプレッサー系の電化製品と、窓に近い家具、ソファ等は日焼け劣化する(セブにおいては特に)。

 

ということです。

 

とにかく、日本だったら考えられない事が起きるのがフィリピン。

 

日本でしたら、管理会社さんが、たまに、空気を入れ替えとかチェックに入室もあるでしょうが、こちらフィリピンでは、セキュリティの問題がありますから、

 

”ちょっと部屋見ておいてもらえますか?”

 

というのは、なかなか難しいです。

 

余談ですが、日本だったら、マンションの管理事務所にマスターキーが保管されている所もあるでしょうが、こちらでは、まずあり得ません。

 

職員が不正したら、終わり、ですから、、、、

 

もちろん、管理会社さんで、例えば、”空室時も、月に1度、入室チェックする”と契約書に明記されているなら別ですが、そうでないなら、勝手に入室することはできない。

 

これは、仕方ないと思います。

 

仕方ないのですが、別に当社でなくてよいので、きっちり、定期的にチェックしてくれる会社に委託していただきたいと思います。

 

不動産以外でもなんでも同じですが、こちらフィリピンでは、

 

自分の事は自分でプロテクトする

 

これが非常に重要です。

 

でも、フィリピンに住んでいない限り、どうプロテクトすればいいか?

これは難しいものです。

 

そんなところに、当社のような会社の存在意義があると考えています。

 

 

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。