フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在11人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産はますます伸びる??

フィリピンのマニラにありますNAIA、非常に混雑していて機内で待たされることも1時間とかもある悲惨な空港です。

セブの空港は機材さえくれば時間通りに出発してくれます。

機材が来ないのはマニラ便というのがほとんどです。

 

アジアで有数のハブ空港と言えば、インチョン(韓国)3本、チャンギシンガポール)3本、クアラルンプール(マレーシア)4本が滑走路の本数。

世界3位の香港国際空港は年間6000万人の乗降客数でありますが、滑走路が2本で現在来年末をめどに拡張中。

 

そして、本当?ということでサンミゲル社が今年着工開始でブラカン(メトロマニラの北)に新空港建設を発表しました。

政府も発表しましたので、これで、メトロマニラの北と南の戦い?は終焉を迎えた形になります。

 

発表ですと2025年に完成予定で最大4本の滑走路、そして年間乗降客数が1億人と世界最大のヒースロー空港をも上回る世界最大の空港になる可能性があります。

 

個人的には本当かな??

という気もしますが、少なくともアジアで4本滑走路となると、クアラルンプールと並び最大となります。

 

1億人の人口に対して年間乗降客数1億人というのもなんだか解せない気分ですが、2024年あたりには日本の人口を抜いて世界第10位の人口になる予定ですから勢いという点では非常に魅力ですね。

 

フィリピン不動産として考えた場合に、メトロマニラの縮図が大きく変わる可能性があると感じています。

既にメトロマニラでは中華系はマカティーからマンダルヨン~ケソンに買いの手を変更してきています。

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。