フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2019年10月よりフィリピンマニラマカティーオフィスからメインオフィスをバコールに移転いたしました。日本語対応は2人(うち1人はフィリピン人)、バコールオフィスは現在11人体制、セブオフィスは3人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンの不動産に本当に住みますか??

フィリピンの不動産は確かに先進国に比較すれば安いです。

3か月もし住むことができればあなたはフィリピンに住めるかもしれません。

フィリピンに来たこともなく、フィリピン不動産セミナーで人口動態がどうだとかで購入を考えているのであれば、フィリピンなんて週末2泊3日でマニラやセブなら日本からの直行便がありますので行ってこれます。

その買おうと考えている地域の不動産をまずは見てみること、そしてスーパー、コンビニ、レストランなど入ってみて生活できるか?

 

生活ができると思えばはじめてそこで購入を考えればいいかと思いますし、生活ができないと考えられなければ購入はしない方がいいかと個人的には思います。

 

先日、マクタン島の向かいのオランゴ島に何日住めるか、将来かなりの確率で価値があがるという情報を聞いたので行ってきました。

既にマクタン島には中華系の不動産仲介会社が3件、1つはセーブモアの近く、1つは市役所の近く、そしてもう1つはマクタンニュータウンの近くにできていて、Jパークの近くにも来年春にはオープンすると聞いています。

その情報でもオランゴ島の将来は明るいということでしたが。。。

 

自分は住めない場所の不動産は買えません。

オランゴ島はちょっと息抜きに遊びに行くところ。

そんな感想でした。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。