フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

CCT(権利証)を受け取するメリット??

CCTが出ました!!と最近連絡がパラパラと来ています。

自分がフィリピンのとある大手銀行のプラチナメンバーなので支店長が貸金庫がある支店を探してくれて、8月から貸金庫を借りることになりました。

個人的にですが、日本に持って帰っても売却や担保にする場合にはフィリピンに持ってこなくてはいけない、特に有価証券に値するので当然申告も必要。

フィリピンからの出国(まずはここが大きなハードル)、日本への入国(これは税関申告すればいいだけ)、逆に日本からフィリピンに持ってくる時には日本での出国(これも税関での手続きなので簡単)、フィリピンでの入国(自分はその金額をどう評価すれば申告できるのかわからないのでとてつもなく高いハードルと考えています)

 

といくつかのハードルがあります。

最近はどのターミナルでもフィリピン入国時の手荷物検査が厳しくなっていて、外国人がよく捕まっています。

 

CCTを貸金庫に入れて保管しておいて、売却したいときや、それを担保にお金を借りる時だけ貸金庫から出すのが一番安全?だと思うのは自分だけでしょうかね??

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。