フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

先日のマクタンニュータウン管理組合総会について

6月15日にマクタンニュータウンにある管理組合総会が開かれました。

クラスター1~クラスター4まで受付デスクがありまして、そこにはユニットオーナー様の名前がずらりとローマ字で書かれていました。

当社で管理、または自分が所有している物件が1~4までありますので、それぞれの棟ごとに見て行きましたが、香港の法人名で約15~20ユニットのオーナー様がいらっしゃいました。

自分も香港の不動産会社に所属現在していますので、その会社名から調べたら、自分の所属している不動産会社よりも大きなグループの子会社で多分そのフィリピン法人だろうということまではなんとなくわかりました。

 

現在フィリピンでは香港ランドという上場企業がマンダウェーの橋を渡ってすぐのところに大プロジェクトを販売しています。

香港ランドは他にも今メトロマニラにも開発を始めています。

 

そこともまた別のグループになります。

中国の本土の資金が一度香港系のファンドに入りそれが海外送金規制の中国や台湾よりはまだ緩い香港からフィリピンに入ってきている。

先日、8NTにお住まいの香港の実業家の方(観光業をやられています)とお会いしまして香港系のファンドにどうやって資金を中国本土から入れ、香港からマニラに入れるのか?

会食しながらお話しする機会がありました。

 

下のフィリピン情報をぽちっと押していただけるとフィリピンの他の人の情報も見れます。↓

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。