フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

CCTの発行について

フィリピンでは権利証がCCTと呼ばれています。(コンドミニアムの場合)

これは、デベロッパーから郵送されてくるのでは無くて、自分で事前にアポイントを取ってデベロッパーの指定する日に取りに行く。(時々忘れられていることもありますが)

または、SPAという委任状を作成してそれを持参して代わりに取りに行ってもらうという2つの方法があります。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

CCTは無くすと非常に面倒なので、基本日本に行くまで保険を掛けます。

そして、日本から郵送の場合にはレターパックの手渡しで追跡できるようにします。

または、手渡しでサインをもらう。

どちらかの方法になります。

 

CCTが発行されてから一定の期間が経過すると、保管料が発生する場合が多いです。

当社も大きな160kgの金庫を購入しましたし、銀行に個人で貸金庫もやっと借りれましたのでそこで保管ができるようになりました。

 

ということで、CCTの受け取りは最初の登録住所に送られてくるわけでは無いのでその点は注意していただければと思います。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。