フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

マニラ空港で個人的に一番苦手なのは、第3ターミナル。そして来年は改善に期待したいですね

SEANです。

 

国際空港、特に首都の空港は、その国のレベルを物語っていると思います。

かつては世界最悪の空港と呼ばれ、最近では少しランクアップ?して、2015年の

データですが、アジアで8番目に悪い空港に改善?したようですが、ウズベキスタン

ネパールと比べるのもどうかと思います。れっきとした首都ですので。

 

利用者が多く、かつ、ビジネス利用が多いアジアの空港の中では、ホーチミンとワーストを競っているのではないでしょうか? いまだに、、、

NAIA no longer among world’s 10 worst airports | Lifestyle | GMA News Online

 

ウェブサイトで良く見かけるのは、最悪なのはターミナル1で、新しいターミナル3は比較的まとも、というものですが、私自身は真逆の見解です。

 

ターミナル1は4年前は確かにぼろ過ぎて、トイレの水を流すのに個室の外から水を汲んで来ないとダメな位でした(それでも、トイレ番のお兄ちゃんが水を持ってきてくれて、なかなか微笑ましい思い出でしたが)。

 

でも、今は改修がかなり進みましたし、いくつかの航空会社がターミナル3に移り、混雑はかなり解消されました。個人的にはここが一番ポイントです。待たされるのが何より嫌いなものですから、、、

 

マカティから高速使って一番近くにあるのがターミナル3で、ターミナル1にはさらに高速を5分から10分走る必要があるのですが、最近、何回か検証してみたのですが、空港のDEPARTUREフロアに到着するのは、ターミナル1の方が早いのです。

 

その理由は、ターミナル1は、高速出口から一般道経由無しで空港ターミナルに直接入れるのに対し、ターミナル3の場合には、料金所過ぎてから一般道に一度交流して、500メートルくらい走行する必要があり、そこで混雑しない事は殆どなく、最低10分からひどい時には30分掛かるのです。

車窓の左側には空港ターミナルがすぐ近くなのに30分掛かるのですから、たまりません。

このあたり、いかにもフィリピンらしいことで、少し頭を使えば一般道に合流させないルーティングが取れるはずです。かつて住んでいたことがあるマカオに学んで欲しいものです。あそこは、立体交差やトンネルなど駆使して、非常に効率的なルーティングを行っていますからね。特にフェリーターミナル周辺は素晴らしいです。

 

まずは、これでイライラするのですが、ターミナル3の場合は、まだまだイライラは続きます。もしかしたら、ここからが最大の関門で、ターミナルビルに入るのに、これまた大混雑なのです。

 

第3ターミナルは国際線と国内線の共用なのですが、入り口も共用で、今まで待ち時間無しで入れたことはほんの数回だけです。

先月末はフィリピン3連休の初日だったのですが、30分待たされました。

 

アジアの主要空港でフィリピンくらいと思いますが、ターミナル入館時にセキュリティチェックがあるのですが、その機械が3台か4台程度しかないため、大変な混雑となるわけです。まずは、早めのチェックインが必要な国際線と国内線を分ける、という発想が無い。

 

利用客の多くはフィリピン人ですが、入館時に必要な搭乗券を予め用意しておく、という段取りをしない人が多いので、警備員から求められてからエッコらエッコら探し出して、家族や友達の分も探し始めているうちに3分くらいは余裕で経過します。日本でしたら、列の途中に注意書きなどしますが、フィリピンではそういう事も無し。係員の仕事は、来た乗客の荷物をチェックすることだ、という認識しかなく、空港全体の業務効率とか利便性に考えが及ぶことなどありえないからこうなる訳ですね。

 

さあ、ここで待ちたくない時や乗り遅れそうな時に裏技はないのか?と言いますと、それはありまして、ポーターサービスを利用すればいいのですが、これはちょっと変?な運用で、ポーターサービスというのはその名の通り、荷物を運んでもらうサービスなんですが、空港には無料のカートが備え付けられていますから、はっきり言って余程、非力な人やお年寄り出ない限り無用なサービスなんですが、れっきとして存在しているのには訳がありまして、これは実際のところ、FAST TRUCKサービスになっているのです。

紫のベストを着たポーター特権で、行列の先頭に割り込んで、乗客も一緒に入館できるのがマニラ空港のポーターサービスです。

 

先月末、待つのが嫌なのでポーターに頼もうと声を掛けたのですが、掲示されている料金は荷物1個で50ペソですが、さすがにそれでは無理だろうと思いまして、幾らか聞いたら答えようともせず、ただ、俺に付いて来い、の一点張り。

 

以前、200ペソは払ったことありましたし、今回もその位は仕方ないかなと思っていましたが、さすがに500とか1000とか要求されたら気分悪いなあ、、、(以前、”今日は祝日なのに俺は働いているから、もっと払え!と言われたことがありました)それで高額支払いを断ったら、警備員や空港職員とグルになって、身柄拘束されて搭乗時間に間に合わないリスクもあるなあ(最近はようやく聞かなくなりましたが、保安職員が弾丸を見えないところで荷物に忍ばせて、搭乗客を脅迫する犯罪が発生していましたが、これもグルでした。)、とフィリピンで起こりうる事を考えまして、この男に付いていくのを諦め、おとなしく列に並びましたが、結局30分掛かりました。列の途中では、バックパッカーの欧米人男性が発狂していましたが、フィリピンでは割と良く遭遇します。アンビリーバボーは良い方で、放送禁止用語が連発されています 笑

 

もしこのような混雑がなくなったら、ポーターの仕事がなくなる。だから、不便さをそのままに放置しておくのが、フィリピンのあらゆるところで見られる現象です。

 

列の途中で、搭乗券を用意しましょうね、といった表示はあえてしない。そうすれば、混雑に拍車がかかって、結果、ポーターサービスの利用促進になる、という発想なのでしょう。さらに推測すれば、ポーターサービスから警備員や空港職員にもお金が回るようになっているのかもしれません。そうなると、利用客以外はすべてウィン ウィンということになりますから。お客さんだけが泣かされる、のもフィリピンあるある、のひとつなのです。わざとお客さんが不便な方向にもっていくと、スタッフが儲かる仕組みな訳です。日本では考えられませんが、これがフィリピンの現実です。

 

高い空港利用税を徴収しているのにもかかわらず、サービス改善しようという意識が感じられないのはとても残念ですね。

 

フィリピンにリークアンユーのような傑出したリーダーが出てきて、この国をほんの少しでも改善させていけば、現在の消費(浪費)頼み、出稼ぎ労働者からの送金頼みの経済から脱却できると思うのですが、、、

 

先日、当社のクリスマス会の会場選びのため、レストランを10軒以上廻ったのに、全て空き無しで大盛況ですし、ショッピングモールも凄まじい人。消費は本当にすごいですよ。ですから、日本人から投資してもらおうと考えているフィリピンでビジネスしている人は、この点と人口ピラミッドをしきりと強調します。

 

それにも関わらず、外資の投資意欲、とりわけ、製造業の進出意欲が今イチ伸びないのは、空の玄関口である空港のレベルが低すぎる、というか、フィリピンという国の縮図そのものになっていて、そこから判断してしまう、というのもあると感じています。

コールセンターなら撤退も簡単ですが、設備投資が伴う製造業となると、簡単に決断できませんが、フィジビリティスタディのために日本等から来て、空港等を見たら、二の足踏むのが自然だよなあ、と個人的には思うのです。

 

消費は確かに凄いけれども、ビジネスをしていく上ではあまりにもムダとか非効率、腐敗が多すぎて、結局のところ、一部で宣伝されているような、バラ色の経済成長のフィリピンです、という訳にはいかないのが現実だと感じています。

 

香港、シンガポールの空港は突出して素晴らしいですが、台北桃園(入国イミグレの混雑はストレスですが、それ以外は素晴らしい。特に台北駅でチェックインできる航空会社が少しづつですが運用開始していまして、素晴らしいです。チェックインフロアのデザインはおしゃれ)、バンコクスワナプーム(導線が長い部分はありますが、特に旅行客にはワクワクさせてくれる雰囲気があると思います。あの蛇のオブジェはいつでも人気ですし。)、クアラルンプール(機能的でトイレ以外は素晴らしい)のようにアジアの主要国はかなり頑張っているので、いつの日か、ストレス無い空港になっていることを願っています。

 

上記の空港から出国するときに不快な経験をしたことは殆どなく、いつでも、また来たいな!と思わせてくれるのですが、マニラ空港から出国手続きが終わった時だけは、あーこれから数日はフィリピンに起因する不愉快な思いをせずにすむなあ、とホッとしているのが現状ですが、5年後には変わっていてほしいものですね。フィリピンで暮らしている者としては。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。