フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンの銀行定期預金もいいかも??

フィリピンの政策金利アメリカの上昇につれてどんどん上がってきています。

大手のBPI銀行、中堅のeast west bankを見ても1年物の金利が4%台になってきています。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

当然借入金利は高くなりますので、今後自動車のオートローン、不動産ローンの貸し出しが厳しくなっていくと思われます。

ただ、1年物の金利4%台に対して貸し出し金利をそれほど上げられなくて、7~8%台(オートローンでも9%台)となると今後銀行収益の悪化が考えられますね。

 

さて、皆さんの不動産は定期預金の4%台で回っていますか?

借入金利が7~8%であればそれ以上の利回りが無いと返済不能ですよね?

最低4%台で回っていることと、借入で7~8%では確実に回らないと不動産市場の下落が始まるかと思いますよ。

 

個人的に過去の歴史からですが。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。