フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

トラップだらけのフィリピン

SEANです。

今日も飛行機ネタになってしまうのですが、友達が今日のJAL午後便で成田に向けて飛んだのですが、ニノイアキノ空港あるある、で相変わらずのディレイ。

 

でも、このディレイ理由には笑ってしまいました。

 

機内食の到着が遅れているので、出発できない、というアナウンスだったそうです。

 

日頃は、キャパオーバーでディレイが常態化しているのですが、さらにこんな変化球が飛んでくるとは、、、という感じです。

 

ちなみに、以前、私自身経験しましたが、この便の成田到着時間は19時半で、当日中の国内移動にはギリギリのタイミングで、少しでも遅れると最終の東京駅発新幹線に間に合わなくなるのですが、もう何度も遅れています。

 

そんなこともあるので、マニラ発午前便と比べると、特典航空券が取りやすい、つまり不人気、という訳です。

 

フィリピンで生活していますと、いつも、どこかにトラップが仕掛けられていると想定して緊張しているのですが、飛行機に乗るのに、弁当屋が遅れる事まで想定しないといけないとは、、、

 

多分、この弁当屋さんは何の保障もしなくて、JALと保険会社が割を食うことになるのでしょう。利用者と、あとは、このように非が全くない人(会社)が割を食うのがフィリピンのシステムです。

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。