フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンの誕生日祝い

SEANです。

私事になりますが、昨日は私の誕生日だったのですが、フィリピンの誕生日のお祝いの仕方は他の国とは全く違いまして、誕生日の本人がケーキや料理を用意して友達だったり、会社の同僚に振舞います。中には、レストランやホテルのパーティールームを借り切って、盛大に派手にパーティーをする人もいます。

 

そういえば、すでに、2人の社員の誕生日にはケーキをご馳走になっていました。

 

ということで、昨日のランチはケーキや料理を注文して、と思いましたが、どうせなら、みんなが喜ぶ内容がいいだろう、という事で、このあたり詳しいスタッフにお任せにしたのですが、素晴らしい手配をしてくれました。

 

美味しいミルクレープ(直径30CM以上のでかいヤツ)

MANAGERお手製のローストチキン

シーフードマーケットで購入したエビ2KGと烏賊の墨煮

マグロのスープ

 

これにオフィスで毎日炊いている日本米を合わせて、みんなで頂きました。

 

フィリピンには豊かな人がそうでない人に施しをする考えが強くありますが、多分、誕生日祝いもそのような考えなのではないかと思います。

 

その考えからしたら、豊かでない人の誕生日だったら、周りの人がお祝いしてあげても良いのだろうと思います。全て、都合よく解釈するフィリピン流からしたら 笑

 

以前、日本の会社に勤めていた時には、オーナー社長の誕生日だけ会社で盛大な誕生祝いをやって、取り巻き社員がサプライズでケーキを用意したりして、殆どの社員は白けていたのですが(とりわけ、同じ誕生日の社員の人は可哀そうでしたが)、フィリピン方式だとこういう事も無いので、ほのぼのとして良いなあと思いました。

 

昨日はランチで大満足だったので、夕ご飯は何も食べませんでした 笑

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。