フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

台風MANGKHUT フィリピンは通過しましたが、、、

SEANです。

大型で猛烈と厳重警戒が呼びかけられていた台風ですが、週末の土日でフィリピンは通過していきましたが、香港マカオ広東省の被害の模様がテレビで流れていましたね。

 

亡くなられた方にお悔やみを申し上げますと共に、被災された方にはお見舞いを申し上げます。

 

 

自宅とオフィスがあるマカティでは、雨が降った以外、特に強い風もなかったのですが、マニラ近郊のマリキナ(洪水がたびたび起こります)では、やはり今回も洪水になった模様です。

 

何より被害が大きかったのは台風が上陸したルソン島北部で、まだ情報が纏まっていないですが、100名以上は死亡した模様。バギオ近くの鉱山労働者の宿舎が山崩れになったり、など、大きな被害となってしまいました。

 

この台風がもし、首都であるマニラを襲っていたら、どうなったかと想像すると、恐ろしくなりますね。

 

私自身、以前、香港滞在中に台風に遭遇しましたが、窓ガラスが割れないよう、ガムテープで「×」と内貼りして備えるコンドミニアムやオフィスが沢山ありました。

 

それとマカオに住んでいた時もありましたが、同様でしたね。

 

このように備えても、今回クラスの台風が来たら、窓ガラスなど簡単に割れて飛び散る、、、台風の恐ろしさを改めて思い知らされましたが、このクラスの台風がマニラに来たら、もう大変でしょうね。

 

日本も今年は特に自然災害が大変ですが、タンカーにより損害を被った関空の連絡橋がもう再開するというのは、さすが日本で、フィリピンだったら、どれだけの日数が掛かるかわかりません。

 

正直なところ、自宅に防災グッズなどほとんど準備していなかったのですが、これを機に備えておかないといけないなあ、と痛感しました。

 

大規模災害が発生したら、しばらくの間は空港もマヒして、フィリピンから脱出もできないでしょうから。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。