フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産の久々の記事。。。

フィリピン不動産のブログなのになぜかフィリピン不動産では無くて、関係無い話ばかりになってしまいましたので、セブの不動産のお話しに戻したいと思います。

 

来週末のセブ行の時はマクタン島にある、マクタンニュータウン内にあります8ニュータウンに宿泊します。

宿泊する理由は自分のユニットもありますし、オフィスのサテライトもそこにあるからです。

ブログ フィリピン不動産ブログ フィリピン不動産 

ちょっと海岸からは離れています。海岸に出るのは10~15分位歩くでしょうか?

いつもここのメガワールドのセールスオフィスによるのですが、今年になってから値上げが止まりました。在庫も4月2件に対して7月30件位と在庫も少しだぶつき気味?

ラプラプの不動産総販売件数は統計をもっていないのですが、フィリピン全体で見た場合には、3年前をピークにここ2年微減。

それらの物件が来年末から今後2年間放出されます。

マクタンニュータウン内でもワンマンチェスターという最後の住居棟のプロジェクトが2年後に完成の予定です。

今、8ニュータウンという最初のプロジェクトのあとのワンパシフィックレジデンスというプロジェクトの引き渡し、入居許可が少しずつおりています。

多分1年後には80%以上のユニットオーナー様が鍵を持っている状態かと思います。

これまではどちらかと言うと売買の需給関係が崩れていた感じですが、これからは賃貸の需給関係が崩れ、売買の方は若干持ち直してくるのでは無いか?と想像しています。

 

セカンドブリッジを渡ったマンダウェーにはマンダニベイというプロジェクトが香港資本で始まっています。

ここの売れ行きとマクタンニュータウンの隣の海側のホテルコンドで運用しているソトグランデ、建設が再開、停止を繰り返しているアバカ資本のリーフ。ここら辺との比較に今後なってくるのではないかと想像しています。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。