フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンに来るのに、絶対に持ってきて頂きたい物

SEANです。

JACKも書いていますが、不動産以外情報ブログになっていますが、今月はセブツアーがあったりで、日本からフィリピン渡航される方がいらっしゃるので、情報共有的に、つらつら、と。

 

旅行ガイドブックに、海外旅行の時に必要なものが一覧で書かれていると思いますが、上着とか確かにあった方がいいですが、途中で買うことが出来ますし、何とかなります。

 

一方、必ず持ってきてほしい、と思うのは、携帯通信が出来る状態の端末、です。

 

アジアでも多分、SIMフリー携帯が主流でないのは、日本くらいだと思いますが、これだと、海外ではローミング(高い)か、WIFI 接続のみ、となります。

 

タクシーが東南アジアで最悪レベルのフィリピンでは、旅行者にとって、Grabはもはや、必需品レベルと思います。実際のところ、ほぼ独占状態になっていて、通常150ペソ程度の距離が300ペソ以上になったり、最近は高すぎるという批判も出ていますが、4年前、知り合いがマニラ空港からマラテまで6000ペソもぼったくられたのを考えると、旅行者的には許容範囲ではないでしょうか?

 

ぼったくられないだけではなく、ナビがついていますから、確実に目的地に到着できますし、言葉のやりとりも不要で、とある方には、フィリピン渡航前、海外wifiレンタルは必ず申し込んでおいてください、と伝えていたのですが、とても感謝されました。

 

SIMフリー携帯の方は、マニラ空港の税関を越えたら、globeかsmartの売店プリペイドsimを買えばいいですし、simフリーでないなら、日本の空港で受け取れる海外wifi レンタルがおすすめ、です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。