フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

半端ない、フィリピンのエアコン事情

SEANです。

マニラに住み始めた時、驚いたことのひとつが、今も住んでいるコンドミニアムに備え付けのエアコン。

 

本体は中国製ではありますが、セパレートタイプですから、部屋の真ん中に設置できるのはまあ良し、なのですが(未だに一般的な一体型タイプですと、窓側でないと設置できませんから、冷房効率は悪いですよね。)、室外機の置き場所に驚愕しました。

 

日本であれば、室外機、という名前の通り、部屋の外側に突き出してラックで支えたり、バルコニーに置かれていると思いますが、私自身が住んでいる部屋は、室外ではなく、床下収納されているのです。

 

そこの部分を歩くと、しっかり熱を感じますし、音も伝わってきます。

室外機なのに建物内に埋め込んでいて、冷却装置など当然ないので、熱はこもる。

 

そうなると、故障しやすくなります。

 

なんで、デベロッパーはこんな設計にしたのだろうと思いますが、こういった事は、やはりというか、フィリピン、あるある、ですね。

 

先日、本体のフィルター掃除はしましたが、室外機のクリーニングはちょっと怖くて自分ではできないですが、さて、業者だったらちゃんと出来るのか?

 

多分、そこまで考えずに、とりあえず、室外機が収まる空間は作りましたので、というだけのような気がします。

 

もちろん、日本と同等か、近いレベルの設置がされている物件もあるとは思いますが、大手デベロッパーの物件でこういった現状であることは、やはりフィリピンだなあ、と思います。

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。