フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

日本で気がかりな事

SEANです。

日本の豪雨の被害が非常に大きく、心を痛めております。

こちらフィリピンでも新聞の一面で大きく報道されていました。

 

昨晩、アメリカ在住の高校時代の親友と話をしたのですが、アメリカの治安があまりよくない地域で大規模災害が起きた時、まず注意することは略奪とか暴行だね、との事でした。こちらフィリピンでも、商店などは間違いなく侵入されると思います。

 

このような事態が殆ど起きないのが、日本の凄いところだと改めて思います。

(今回は悲しい事に、一部で、空き巣や詐欺狙いが出ているようですが)

日本では殆ど報道されませんが、世界の国のうち、かなりの割合で日本人がリスペクトされている一因かと思います。

 

一方、気がかりな事としては、政府の災害対応を批判するマスコミの姿勢と、それに乗っかる、あるいは、それを期待して、かつ、煽る人々、です。

 

警戒中の先週金曜日の夜、自民党議員宿舎で飲み会を開いたのがけしからん、と報道しているメディアがありますが、まあ、確かに警戒中ではありましたが、あの時点では、ここまでの被害が出るとは思いもしなかった、というのが、殆どではないでしょうか。

 

批判するのであれば、今ではなく、飲み会の翌日の朝刊とかニュースで行うのなら、まだわかります。でも、実際は、有力政治家から政局へのコメントを取ろうとしか考えていなかったのが実情ではないでしょうか?

 

さらに言えば、マスコミ、例えば、テレビ局は、金曜日夜から全面的に大雨警戒の特別番組を放送して、CMも無しにしてもらいたかったです。

 

では、なんで、このような報道がされるのか?

 

結局は、視聴者や読者が喜ぶから、だと思います。

 

弱いものいじめはしてはいけないが、強い者、権力者に対しては、どんな汚いことばを使っても問題ない、と思い、それでストレス解消している雰囲気が非常に強いと感じています。

ヘイトスピーチパワハラ、セクハラはすぐに問題とされますが、総理大臣や与党幹部には何を言っても構わない、という風潮です。

 

実際、いま、総理が岡山県など被災地を視察との記事に対するコメントは、罵詈雑言の嵐です。選挙対策だ、とか、邪魔だ、とか、、、

 

もし、逆に被災地に行かなかった場合、それはそれで、被災地の心情を理解していない、とか、官邸で宴会やっているのだろう、とかいう風に書かれるのでしょうね。

 

フィリピンに住んでいますと、日本はいいなあ、と思う事ばかりなのですが、ストレス社会で、こういったガス抜きがないとダメなのでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。