フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

デュテルテ大統領になってから2年が経過

フィリピンのSRRVという永住権のVISAを取りに来てからそろそろ4年。

そのころに比べて、2年前にダバオ市長だったデュテルテ大統領になってから2年が経過しました。

一番肌感覚で感じるのは治安の良化ですね。

ちょっと前までは行きたくない国NO1に近い感じでした。

常にマニラ入りするときは緊張モード。

空港を降りてATMでペソを引き出しとか両替は強盗リスクがあるので極力控え、タクシーも白い普通のタクシーで無くて空港タクシーと呼ばれる1.5倍位の料金ですが黄色いタクシーに乗ったり。

アジアのいろんな国を回っていますが一番危険度が高かった感じ。

日本や香港を100としたら、マニラは5、セブは10、ダバオは50位の肌感覚でした。

日本人が行って大丈夫と言えば、マカティー、タギッグ、マンダルヨンあたり。

ちょっとはずれた?(日本の東京で言えば練馬区みたいな感じ。)メトロマニラの中でもマニラ市、ケソン市などのちょっと北側に行くと道のコーナーでは薬を売っていたり、それでラリっている人がいる感じ。

その治安が改善されて、領土問題も中国と解決?(というかあげちゃった?)ことからインフラ整備が進み始め、乾季のまさに今まではずっと土管を埋める工事がなされていた感じ。

平均的な経済成長率も年3%台だったのが今年は6%台後半。

来年もASEANの発表では同じく6%台後半。

だいぶ、スマホの普及率もあがり、携帯電話所有者の60~70%はスマホ所有者かなという感覚。

領土問題が解決した今、ここは中国?と思うほど高級コンドミニアムには中国人が住んでいる感じです。

でも同じ民族なのに中国、台湾、香港は考えが違うのですね。面白いもので。

成田=マニラ線も搭乗率が平日でも80%位。しかもビジネス客も多いということでこの2年で大きく様変わりしたマニラです。

これが、セブなどの他の都市にも波及していく日も近いのでは無いかと思っています。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。