フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

家賃滞納と不良テナント対策

SEANです。

日本はゴールデンウィークが終わり、今日から仕事モードという方が多いようですが、フィリピンはちょこちょこ祝日はありますが、クリスマスの12月以外で日本のようなビッグ ホリデーは、それほどありません。でも、休みたい人は有給休暇を堂々と使えるので、好きな時に休む、という感じです。

 

個人的には、この方が、飛行機代やホテル旅館の需要が平準化して、良いと思うのですが、日本と中国の休みの取り方はどうなのだろう?と思います。

 

それにしても、日本は休みが少なすぎなのと、その割にはホワイトカラーの生産性が低い。ドイツは1か月はバカンスを取りますが、日本はせいぜい2週間程度が限度なのでは、と思います。無駄な業務が多いのか、サービス品質過剰なのか?

 

さて、本題の件ですが、日本では借り手、テナントの権利が非常に強く、たとえ、長期間の家賃対応があっても、簡単に退居させることはできなくて、大家業をやっていらっしゃる方は苦労されているようです。

個人的には、貧困層の住居をサポートするのは大家の負担ではなく、政府の役割だといつも考えているのですが、現行の法律だから、致し方ない。

 

一方、フィリピンでは、圧倒的に大家、オーナーが強いです。

当社の場合ですが、賃貸契約の際、テナントにはまず、1年分の前払い小切手を要求します。当然、デポジットも2か月分なり3か月分入れてもらいます。

外国人でまだヴィザが取れていない、という場合には、現金での支払いを承諾する場合もありますが、入金管理は非常に厳格に行っています。

 

前月末までの入金を徹底させており、万が一、ちょっとでも遅れたら、すぐに催促を行います。今のところは未だ、長期滞納のケースはありませんが、想定はしていまして、最悪でも、デポジットで清算して、速やかに退居させる方針です。

 

このあたり、日本と比べたら、非常にやりやすいですし、裁判も割と簡単にできます。

 

日本のように、半年以上の家賃が滞納になって、というのは、ちょっと考えられませんし、日本で不良テナント(部屋を激しく損傷させたり汚したりするテナント)の多くは、家賃滞納者(しかも長期の)が多いようですが、そもそも、当社では、ちょっとでも家賃滞納が発生したら、速やかに、かなり強い手段で(もちろん、フィリピンの法律に則り)、手を打っていきます。

 

それから、ゴミとか損音問題も日本ではあるようですが、こちらでは、とにかく、管理組合の力が強いです。はっきり言って、威張っているように感じます 笑

 

ゴミ出しルールにしても、決められたルールを守らないと、1回目は口頭注意、2回目は文書警告、3回目は10,000ペソの罰金、という風に明記されています。

もう徹底的に、ルール違反や迷惑行為にはペナルティ、となっているので、逆に善良なる居住者にとっては、モラルハザードがなく快適と言えます。

 

そもそも、当社のメイン事業であるサブリーシングでは、ユニットオーナーの方にとって、家賃滞納リスクはありませんから、ご心配には及ばないのですが、日本の現状をみると気になる方もいるでしょうから、記事にさせていただきました。

 

個人的には一番のリスクは、空室のままで放置しておくことだと感じています。

先日、セブ出張で放置ユニットの内部を見てきましたが、かなり酷い状態でしたから。

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。