フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

引き渡し、鍵の受取り、入室許可?

SEANです。

セブの8NTの引き渡し業務は、ぼちぼち、ファイナル カウントダウンとなってきまして、今後はワン パシフィック レジデンス(OPR)がメインとなっていくのではと思っていますが、最近、特に多く質問いただいているのが、タイトルに記した、

 

引き渡し

 

鍵の受け取り(リリース)

 

入室許可

 

についてです。

これは仕方ないですが、日本のオーナーさんは日本の不動産取引をベースに物事を

考えます。私自身も、かつて、日本で新築分譲マンションを購入した事がありましたが、いま、こちらフィリピンで遭遇している様々なトラブルと比べたら、なんて平穏

だったのだろう、と思い返します。

 

販売会社から入室可能日の連絡が来たら、家具類の搬入予定表を提出して、返信が来て、予定通り自分の部屋に行ったら、そこはちゃんと清掃もなされた綺麗な状態。

 

電気もちゃんとつきますし、その日から寝泊りして、もちろん問題なしです。

 

今から15年前の昔話ですが、日本はおそらく、もっと進化しているでしょうが、こちらでこんな快適な引き渡しは夢のまた夢ですね。少なくとも、私たちがサポートしている

コンドミニアムでは、、、

 

当社はプレビルドを販売する会社でもないですから、ネガティブな事も、そのまま書きます。以前も書きましたが、フィリピンの物価は日本の数分の一で、らくらく、リタイヤ生活という事も言いません(ローカルの人と同じ生活するなら確かに数分の一で済むでしょうが、日本と同じような快適な暮らしをしたいなら、むしろ生活費は高くなると思います)。

 

最近でも、セブの物件に入室してみたら、電気が点かない、という話を受けました。

当然、当日に修繕なんて対応はしてくれなくて、しばらくは住めない。

 

これくらいの事はザラ、です。

 

他にも様々なトラブルだらけなのですが、一方で、これはクオリティ云々というのではなく、日本との違いで、オーナーさんが混乱することが多いのが、

 

引き渡し(ACCEPTANCE)、鍵の受取り(リリース)、入室許可(MIC,MOVE IN CLEARANCE)という3つの用語について、です。

 

日本人的には、引き渡し=鍵の受け取り、と考えるものですが、8NTでもOPRでも、異なる概念です。

 

流れとしては、

 

インスペクション終了→ACCEPTANCE→MIC→鍵の受取り(リリース)

 

となります。

 

インスペクションが終了したら、その時点で引き渡し、という事になるのですが、でもMIC 入室許可が出ない限りオーナーは入居できません。

MICが出るには、ダウンペイメントやTAX AND FEESが全て支払われていないと、デベロッパーの社内手続きが進みません。マニアックな費用項目では、FOREX LOSSもあります。

 

今までMIC が出ていないオーナーさんについては、全てが、このような支払いが原因でひっかかっていました。たとえ、10000ペソ程度の金額でも支払われない限り、MICは進みません。それで、ペナルティだけは加算されていく。

 

さて、支払いや書類手続きも全てクリアして、MIC が出ました。

ここまで来たら、あとは、オーナーさんはやることはないのですが、MIC =鍵のリリースではありません。

 

当社では、ひたすら、MICが出たユニットについて、鍵を早くだすよう、催促していますが、これもすぐに出る事は極めて稀です。

 

ACCEPTANCEの後は、必要な支払いや書類提出をとにかく速やかに済ませて、極力早期に鍵を受け取る方が良いのは間違いありません。

 

この間に1年以上経過してしまうと、ACCEPTANCE後のワラント期間も終了してしまいますし、そうでなくても内装や電化製品の傷みも気になります。

 

それに鍵が出なければ、カーテン付けなどもできないですし、当然、賃貸募集もできない。

 

何事も時間が掛かるフィリピンだからこそ、前もって、計画的に準備、行動していくのが重要だと感じています。

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。