フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピンのリゾートと言えば?

SEANです。

3連休の中日です。先週末は4連休で、今も3連休、そして、今週金曜日からも3連休と、休みだらけのフィリピンです。

 

普段は朝から晩までずっとマカティに居る、ということは、フィリピンでもマニラしか知らない自分。

メトロマニラ以外で今まで行ったことがあるのは、セブ(マクタンがメイン)、ダバオ、プエルト ガレラ、そしてボラカイ。

ダバオは大都市ですが、海水浴ができるビーチがあって、プエルトガレラとボラカイはビーチ リゾートです。

 

日本からフィリピンにリゾートのために訪れるのは、殆どがビーチになると思います。

パラワンには確かに行ってみたいですし、他にも良いところはたくさんあります。

 

ですが、毎日、マカティというコンクリート砂漠で生活していると、海もいいですが、山や高原にあこがれるようになります。

 

少し前の中国のように、スモッグ、PM2.5に覆われている訳ではないのですが、ジプニーや古いバスの排気ガス、それと、建築現場から発生している粉塵はかなり強烈です。

 

暑くて空気が美味しくない毎日から逃れたい、となると、思いつくのは高原、山。

 

ということで、3週間前には日帰りで、タガイタイという高原リゾートに行ってきました。マニラから50KMくらいですが、お金持ちの別荘や洒落たブティックホテルが点在していて、なかなか良いとことでした。

 

でも、高原ですから、標高は600M程度で、昼間はかなり暑い。空気は綺麗でしたが、もっと涼しいところはないか?と探して見つかったのが、マニラから約200KMの都市バギオ。

 

ここは標高1500M超えということで、山形の蔵王(1800M)には及ばないものの、気温を調べても最高23度、最低15度くらいと、マニラに比べたら非常に過ごしやすそうだと思い、先週の連休、3泊で行ってきました。

 

公共交通はバスのみで、所要時間は5時間から8時間と非常にファジー(笑)。

日本だったら新幹線で1時間ですが、ここはフィリピンですから、ということで実際にバスに乗ったら、連休の初日で途中のアンヘレスまで4時間かかり、結局7時間半。

さすがにくたびれましたが、綺麗な空気と20度を切る気候に大満足。

 

山々が連なる中、バギオだけが、一応、都市となれる位の土地があった、という事なのでしょうが、それでも平地は非常に少なく、非常にユニークな場所でした。

 

また、大学が多く文化的な雰囲気が非常に強くて、治安も良い。

街の中心にあるバーナム公園にナイト マーケットが出るのですが、全く怖い雰囲気は

無し。

 

何より、野菜や果物が新鮮でおいしく安い。マニラでは入手が難しく、かつ高価なイチゴ(日本とほぼ同じ味)が1キロ400ペソ(約1000円)で購入出来て、これはスタッフへのお土産にしたら非常に喜ばれました。

 

街からジプニーやタクシーで約40分のアシンという土地には天然温泉があり、ローカルの家族連れでにぎわっていました(ほとんどの人はプールに入って、あとは、食べ物を持ち込んで、屋外のテーブルで家族団らんを楽しむのがメインで、熱い温泉には入りませんね)。

 

おととしから日本の天然温泉にハマってしまったSEANとしては、マニラ南部にあるロス バニョス温泉に続く発見でしたが、ロス バニョスの泉質は別府温泉に近い感じでしたが、アシンはほのかに硫黄の香り漂う、こちらも素晴らしい泉質でした。

 

循環ろ過していない、いわゆるかけ流し(ローカルの人にとっては熱いから、薄めてしまうのは残念ですが、共用の浴槽ですから仕方ないですね)で、入場料200ペソで、2時間ほどゆっくり温泉を楽しみました。

 

3泊の滞在後、マニラに戻るバスに乗ったのですが、渋滞を避けようと朝5時の便に乗ったら、極めてスムーズに移動でき、行きの約半分。4時間弱で到着してしまいました。

 

行きの時は取れなかった、JOY BUSというデラックスバス(とはいえ、通常バスが450ペソに対して約750ペソ、1700円くらいで、2列、1列の大きなシートとトイレ付でとっても快適でした)がお勧めですね。これなら、ほとんど疲れません。

 

次回、また、5月か6月あたりに、土日を使ってバギオ週末旅行して、果物や野菜をたくさん買い込もうと思っています。

 

日本のお住まいの方は、フィリピンのリゾートといえばまずは海、でしょうが、すでにセブもパラワンも行きました、というような方、あと、マニラにお住まいの方にはバギオもお勧めです。

 

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。