フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産とは関係無いですが。。。

フィリピン不動産とは関係ないのですが、中国、香港の連休を利用しまして1泊2日でミヤンマーに行ってきました。なぜ行ってきたかと言いますと、アウンサンスーチーさんの民主化でどれだけの経済開放が行われているからか調べるためです。

 

ミヤンマーはフィリピンより後進国というイメージがあります。

カンボジアと同じ位でしょうか?感覚的には。

 

ASEAN50周年のイベントはマニラで行われましたが、その資料によるとASEANで今後5年後に一番伸びる可能性が高いのがカンボジア、次がミャンマー、そしてその次がフィリピンという統計が出たからです。

 

民主化に成功しましたが、逆に貧富の差ができ、不動産バブルもほぼ崩壊に近い、

民主化前の経済成長率と比較して約半分。

民主化には成功しましたが、逆に経済は衰退、そして、バブル崩壊により、特に金融業(金貸し)が大幅に伸びているというのが現状です。

 

もし、ミャンマーに行かれるのでしたら是非、事業をやられるのでしたら金貸しが面白いと感じました。

 

フィリピンでも今はレンディングが花盛り。そこに進出するのも1つかと思いますが。

とにかく明日をあまり考えない国民性、給料ももらったら使ってしまいますので月2回の支払いが基本となっている位ですから。

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。