フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

フィリピン不動産って??

フィリピン不動産を個人的に買ってから7年が経過し、既に8年目に突入。

フィリピン不動産を買う時に、やれフィリピンの人口動態が綺麗な三角形だのなんだのとごく普通の説明を受けて当初は買いました。

フィリピン不動産は1997年のアジア通貨危機の時でもそんなに影響は受けませんでした。というのもそもそもが値上がりしていなかったので下がらなかった。

そんな1投資家が、自分がこんな不動産の運用をしたいとして立ち上げたのがCCPI社になります。

フィリピンへの投資歴は長くて今年でちょうど21年になります。

20年前のアジア通貨危機の後、一番影響の少なかったフィリピンの株式のファンドへの投資。これが最初になります。

21年前、博士課程を修了した時その記念でいくつか投資案件を買いましたがそのうちの1つがフィリピン株式ファンドです。

当時も綺麗な人口動態ピラミッドでしたがアジアの病人と言われ、フィリピンだけ取り残されていたのを記憶しています。

この8年、多くのフィリピン不動産販売会社ができ、そして多くの会社が淘汰されなくなっていきました。

当社CCPI社はフィリピン不動産ではもちろん新興です。

今の小さくてもきれいなそして保険会社のビル。

入るのは大変でしたが(いろんなパーミットが無いと入居させてくれない厳格なビルです)3年間、ここから移るつもりはありません。3年契約なので。

ですから会社を大きくしようとはさらさら思いません。

フィリピン不動産にだまされた。。という人も多い問い合わせが来ていますが騙されたのでは無く本質を知らないだけです。

自分は、今の大統領の間は外資も入りやすくなり成長が見込まれると感じています。

もしかしたら、、、同じマカティーでうちのオフィスから歩いて10分ほどのCPM社が一番の管理会社としては老舗かもしれません。

CPM社は自社で職人を抱え、故障、修理があればすぐ対応。

自分もいくつも物件預けていますし、その対応も見ています。

社員数も100人を超え、管理物件も600件とも700件とも言われていますから日系では最大かと思いますね。

 

て、書くと、またSEANからあえて自社を小さく書かなくていいのにと言われそうですが、事実は事実。

ということで、本日から休み明け仕事スタートです。

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。