フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

権利証 CCTについて

SEANです。

日本とフィリピンの不動産には多くの違いがあるのですが、最も違いが大きく、かつ、誤解が多いのが権利証についてだと感じています。

 

正式名称は、Condominium Certificate of Title、略してCCTと呼んでいます。

 

日本でしたら、購入したらすぐに権利証が発行されるのですが、フィリピンでは非常に発行が遅いです。

 

購入してからもう、3年以上経過したのに、まだ権利証がない。

これは詐欺ではないのですか?

 

と聞かれたこともあります。

 

でも、遅いのには理由がありまして、

 

物件代金の支払いが完了しなければならない

 

からです。

 

現在の発行タイミングは、支払完了後、2年程度掛かっています。

 

支払方法別でかなり大きく違ってきます。

 

1)一括支払

  これは当然、比較的早く発行されます。

 

2)銀行ローン

  8NTでしたら、BDOかPNBで融資を受けている方が多いと思いますが、一番早く発行される傾向にあるのが、こちらです。

  理由はちゃんとありまして(何事もカオスなフィリピンですが、法体系、ルールはかなり綺麗にロジカルに出来ています。この点、SEANは好きですね)、ローンを引き受ける銀行の立場で考えれば判りますが、CCTが出るまでは何の担保もなくお金を貸している状態なので、デベロッパーに対しても強く、CCTの発行をリクエストすることになります。これは推測ですが、おそらく、万が一のデフォルトの際には、キャッシュで銀行に支払う契約になっているのではないかと。そうなると、デベロッパーがCCT発行を急ぐインセンティブになる、ということですね。

 

 3)インハウスローン

  圧倒的に遅くなるのがこちらです。銀行ローンと異なり、インハウスですから当然ですが、返済完了してからですから、5年とか7年のローン完済後となります。

  でも、CCTがなくても、ローンの引継ぎ、名義変更ができるので、売却は銀行ローンよりもし易い訳です。

 

以上が支払い方法別の発行時期について、です。

 

あと、良く質問あるのが、発行後、日本に郵送されるのでしょうか、というものですが、超重要書類ですので、郵送はされていません。フィリピンでの受け取り、あるいは、現在は代理受け取りも可能と言われていますが、将来は変更になるかもしれません。

 

 

Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。