フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

TEA BREAK ~~~オフィス引っ越しと、日本的でもある慣習

SEANです。

今回は、ちょっと、ティー ブレイク、雑談です。

旧オフィスからの引っ越しがほぼ終わり、といっても、まだまだ、

足りない備品などがあるので、完全に落ち着いているわけではない

のですが、スタッフから、

 

同じフロアのテナントさんに、ご挨拶のために、お菓子買ってきまーす

 

と言われました。

 

日本でもタオルとか持って挨拶に行きますが、こちらフィリピンも

同じようです。

不動産や金融の仕事をやっていますと、契約書などに囲まれて、日本よりも

ギチギチな印象を持つことも多いのですが、ご近所付き合いというウエットな

部分はあるんだなー、と認識した次第です。

 

ちなみに、社外のメールを見ていても、言い争いのような激しいやりとりは

よほどの事がない限りありません。アメリカ植民地だったこともあるフィリピン

ですが、アメリカのように自己主張の応酬というのは一般的ではなさそう。

 

ですから、メール返信なくても、”返信よろしくおねがいしますね”を繰り返す

のが、こちらの習慣?のよう。

 

一方、マネジメントからしますと、とにかく、社外に問い合わせしても返事が

遅い、あるいは、返信がない、毎日が、このイライラとの闘い、です。

 

ユニットオーナーの大部分は日本人のお客様、ですから、そこのギャップを

埋めるべく、毎日奮闘しています。

写真は、ご近所さんへの手土産のドーナツ、です。

 

f:id:philippineshome:20180201173315j:plain

にほんブログ村 株ブログ 海外投資へ
にほんブログ村 にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。