フィリピンセブ不動産の売買、賃貸はCCPI社~そよ風に吹かれて

フィリピンセブ不動産の売買、賃貸お困り相談所。8ニュータウン他

フィリピン不動産CCPIのお問合せはinfoccpinc@gmail.com になります. 2018年2月よりフィリピンマニラマカティーオフィスに事業拡張のために移転いたしました。日本語対応は2人、マニラオフィスは現在6人体制、セブオフィスは2人体制です。 CEOは日本の金融、不動産が日本の高度成長期に一番伸びたことからその経験を踏まえて フィリピン不動産から銀行、VISAまでのワンストップサービスを目指しています。 フィリピン不動産で特に、放置された物件は没収など非常に危険な状態です。 日本人の資産を守るために販売でもアメリカ法、イギリス法も勉強し、もちろんフィリピン法も弁護士と共に一番いい方法を模索させていただきます。 お気軽にメールいただければと思います。 Facebook : https://www.facebook.com/CCPI-Capitarize-Commercial-Properties-Inc-1893541004201718

capitarise corporation と順調に引継ぎしております。

フィリピン不動産では8年の事業を行い、日本人向けのフィリピン不動産の第一人者として有名でした、capitarise corporation(CC社) が残すところあと10日ほどで業務終了となります。

 

今、BGCのオフィスで、CC社より業務引継ぎ中ですが、皆さんやっぱりフィリピン人。

もう完全にクリスマスモードで来年からのことを皆さん真剣に考えているのか??

なんて思いながらこれからマカティーの新オフィスのリサーチに行ってきます。

 

当社CCPIの正式社名は、capitarise commercial property inc ですが、とても長いのでCCPIと呼んでいます。

これまで、デフォルトした商業案件のサブリーシング事業を事業譲渡、買収して再生をさせてきました。

そんな中、レジデンス(コンドミニアム等)におけるサブリース事業が、当社CEOのユニットを使用して当たったことから、会社として事業化してから、はや2か月。

 

既に30件ほどの管理物件が全て埋まり、今すぐにでも物件を借りたいという人が列を成している状況となっています。

 

他にもVISAの更新や、当社得意分野であるデフォルト案件になりそうな問い合わせが多く、ニーズの大きさを実感しているところです。

 

皆様の資産から運用益は発生しないけれども、その代り、皆様の資産を守る。

具体的な手法としては、サブリーシングを活用して、ランニングコストをゼロにした上で、転売という出口までサポートを行う。

 

この点に重点を置いた会社ということをご認識いただければと思います。

フィリピン不動産お困り相談受け付けています。 フィリピン不動産の本当の運用ができていない方、転売、賃貸を希望される方は、 infoccpinc@gmail.com までお気軽に相談内容をメールください。